​© Toshihiro Yashiro

時間旅行者 / Time traveler  

タイムマシンという言葉を日本国語大辞典で調べると「現在から、直ちに過去・未来へと時間旅行を可能にするという空想上の機械・航時機である。」と記載されている。また、広辞苑によると「時間の流れを越えて過去や未来に旅行するための架空の機械である。」という。言い換えれば、架空の機械であるということはすでに空想のシロモノであって、想像の世界では誰でもタイムマシンを開発することができるし、イマジネーションを働かせれば、誰もが自由自在にタイムトラベルをすることができるのではないだろうか。 この作品は「アーティストとしてのタイムマシン」の開発をする。しかし、そのマシンの開発は一筋縄ではいかず、テスト走行が何度も繰り返される。

 

When looking up the term “time machine”, a Japanese dictionary offers the following definition: “Imaginary transportation device that enables the user to time-travel instantly into the past or future.” Furthermore, according to the “Kojien” Japanese encyclopedia, it is “an illusory machine for traveling between the past and the future unrelated to the passage of time.” Doesn't this mean in other words that, with the pipedream that this imagined device already is, in a fantasy world anybody can invent a time machine and, with a little bit of imagination, travel back and forth in time with perfect freedom?this time Yashiro proposes the “time machine from an artist’s standpoint”. This machine, however, is still under development, and currently undergoes one test run after another.