​© Toshihiro Yashiro

​回転回 / KAI-TEN-KAI

『回転回』とは「回転」と「転回」。プラスとマイナス、S極とN極など相反する2つの力の均衡(バランス)を回転と転回の作用によって整えようとする行為のこと。2000年に作った造語である。自分自身が台上で回転し、その場に円盤状の痕跡を残す身体的な動きをカメラを用いて記録した写真作品である。回転することで身体の輪郭は薄れていき、自分以外の人間や風景と一体化していく。かつてイヴ・クラインが壁からダイブすることで虚無に挑んだが、この作品では回転することで現実と虚無を調和させてゼロ磁場を生み出すことを試みている。このシリーズの多くは2枚1組で構成され、右の写真は右回転、左の写真は左回転という法則で撮影されている。2005年から『回転回LIVE!』という観客参加型のアートプロジェクトに発展し、現在までに子供からお年寄りまで数千人が『回転回』を体験した。

 

‘Kai-Ten-Kai’ is a word made by combining two words ‘Kaiten’ or turning and ‘Tenkai’ or rotation.‘Kai-Ten-Kai’ is performed to make balance between two opposite forces, such as positive and negative or north and south magnetic poles, by turning and rotating. I made up this word in the year 2000. I shot rotating body movements on a stage which left circular trajectory on a film. Rotatory movement created blur image and helped to integrate with background images of human or scenery. Once before Yves Klein jumped off a wall to leap into the void.  Here I tried to create zero magnetic field by harmonizing void and existence. In this series many of them consist of a set of two pictures. One on the right spins clockwise and on the left spins in opposite direction. Since 2005, this work developed into an art project called “Kai-Ten-Kai Live”.  We asked audiences to participate. Several thousands of people, young and old, has experienced “Kai-Ten-Kai” to this day.

     無言の客 / Silent visitor

          黒い渦 / Black hole

回転回 KAI-TEN-KAI SOLO

​回転回 KAI-TEN-KAI LIVE!

招待撮影 / Invitation to KAI-TEN-KAI

   実験 / Experiment